スタイルがある、循環型社会の家具提案

技術自慢の工場が建ち並ぶ東大阪を歩いていると、ひときわ異彩を放つ木材加工工場が目に留まる。廃材パレットを味のある見事な家具に再生加工するパレットハウスジャパン社は、工場をショールームとしてデザインし、全国からの見学訪問者を日々迎え入れる。最近では、商業施設に多い洒落たフードホールに欠かせない演出ツールとして、全国の空間デザイナーから注目を集めている。「資源の再生」が意識された製造プロセスは循環型社会への貢献が大きく、マスコミがこぞって取り上げるのも頷ける。2020年に実現したクラフトアールとの業務提携で、さらなる可能性へのチャレンジを続けていく。

パレットハウスジャパン(クラフトアール業務提携契約先)