照明マジックで、空間に意図あるニュアンスを。

高品質なプロモーションビデオを生み出し、クライアントのブランディングに寄与する。映像クリエイティブ事業を手掛けるクラフトアールは、監督、脚本家、ライター、モデル、スタイリスト、カメラマンなどで構成されるプロジェクトチームに、「照明デザイナー」をアサインするようにしている。朝や昼下がり、黄昏時から夕闇・夜へと変幻自在に光を操る照明士がスタッフを動員しセッティングを終えると、そこには光量、光質が計算し尽くされた陰影が施される。まるで、空間に奥行き感が増すかのように美術セットやモデルの存在が引き立つ。ファインダー内の映像にニュアンスが生まれ、監督のボルテージが一気に高まる。

株式会社大興ネクスタ ほか多数